Macのストレージのシステムデータを減らす方法

3 分で読む

守屋ノブ

IT&科学ライター。趣味は難解なパズルを解くことと読書。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macのストレージ容量を確認すると「システムデータ」というデータで容量が圧迫されている場合があります。このシステムデータの多くは不要なデータです。定期的に減らすことでストレージ容量の圧迫を避けられます。システムデータが肥大化してストレージの容量が圧迫されるとMacがおかしい動きをする場合があるので定期的にクリアしましょう。

Macのシステムデータとは何ですか?

システムデータとは以前のバージョンのMacのストレージで「その他」と呼ばれていたデータです。たとえば以下のようなファイルを指します。

  • macOSのシステムファイル
  • 一時ファイル
  • 拡張機能やプラグイン
  • キャッシュファイル
  • ディスクイメージ
  • アーカイブファイル
  • 古いバックアップファイル

しかし、システム容量に含まれるデータは特定の形式のファイルと決まっているわけではありません。アプリケーション、写真、メール、書類などMacで規定されたファイル以外はすべてシステムデータに分類されます。

なぜシステムデータは肥大化し、Macで多くのディスクスペースを取っているのですか?

Macストレージのシステムデータが肥大化してしまう理由は、システムデータの性質にあります。上記の通り、システムデータはMacに規定されているファイル形式以外のデータをすべて含みます。さらに、キャッシュファイルやバックアップファイルなど、時間が経てば経つほど自動的に増えていくファイルも含まれます。

したがって、Macをクリーンアップせずに長く使っていればいるほど、ストレージ内のシステムデータも肥大化してしまうのです。

Macのストレージのシステムデータを自動的に素早く減らす方法

Macのシステム容量を自動的に減らすには、CleanMyMac Xを使いましょう。CleanMyMac XはApple公認のMac用クリーンアップアプリです。さまざまな機能が付属した多機能なツールですが、その機能の1つにシステムストレージを減らす機能があります。さっそく機能を使ってみましょう。

  1. CleanMyMac X  の無料版をダウンロードします。
  2. 画面上の指示に従ってMacにインストールして、アプリケーションフォルダから起動します。
  3. サイドバーにある「システムジャンク」をクリックします。
  4. 下部にある「スキャン」をクリックします。
  5. 消したい一時ファイルを選択して、下部の「削除」ボタンを押します。

これでMacのシステムストレージがクリアできました。CleanMyMac Xのシステムジャンク機能は、重要なシステムデータを安全に保ったまま、システムキャッシュやユーザーキャッシュ、ログ、不完全なダウンロードファイル、それ以外にも下記のようなジャンクファイルを検出して削除します。

  • アプリケーションの不要な言語ファイル
  • macOSの不要な言語ファイル
  • 古いアップデート
  • Xcodeジャンク
 

Macのストレージのシステムデータを手動でクリーンアップする方法

Macのシステムストレージを手動でクリーンアップしたい場合は、以下の7つの方法を実行します。7つも手動で実行するのは大変ですが、1つひとつ地道に行いましょう。

方法1.ゴミ箱を空にする

まずは不要なファイルがたくさん入っている「ゴミ箱」を空にしましょう。

  1. Finderを開く
  2. 上部メニューバーの「Finder」から「ゴミ箱を空にする」を選ぶ
  3. 確認画面が出るので「ゴミ箱を空にする」を選ぶ

これでゴミ箱が空になりました。ゴミ箱内部にファイルをため込んでいた場合はかなりストレージ容量が空くはずです。

方法2.Macを再起動する

再起動は、デバイスの不具合やエラーを解消できる可能性がある方法です。Macを再起動をすることで、デスクトップの散らかったアプリやファイルが整理され、空き容量が少し増える可能性があります。

  1. 左上のアップルマークをクリックする
  2. 再起動をクリックする

方法3.タイムマシンバックアップの管理

TimeMachineのバックアップは外付けのストレージに取っている人が大半でしょう。だから起動ストレージには関係ないと思われるかもしれません。しかし、実はTimeMachineは外付けストレージが繋がらなくなった場合に備えて、起動ストレージにもバックアップファイルを保存しているのです。これはストレージ容量が少なくなれば自動で削除されるようになっています。

SSDやHDDは空き容量が少なくなると読み書きの速度が遅くなりますので、空き容量が少なくなる前にクリアしたほうがよいでしょう。バックアップのクリアは以下の方法でできます。

  1. Launchpadからターミナルを起動する
  2. ターミナルに次のように入力する「tmutil listlocalsnapshotdates」
  3. リターンキーを押す

これでバックアップの一覧が出てくるので、古くていらないものを削除しましょう。削除するには以下のコマンドを使います。

  1. ターミナルに次のように入力する「tmutil deletelocalsnapshots ファイル名」
  2. リターンキーを押す

ファイル名は日付+6桁の数字で表される文字列です。たとえば「2022-04-25-043354」このようなイメージです。上記で出力したバックアップの一覧からコピー&ペーストすればOKです。

方法4.Macのストレージを最適化する

Macには標準でストレージの最適化機能が付属しています。Macがおすすめしてくれる指示に従い、ストレージを最適化しましょう。

  1. Appleメニュー>「システム設定」をクリックします。
  2. 「一般」>「ストレージ」をクリックします。
  3. 「おすすめ」を確認しクリックします。

より効率よく、簡単にストレージを最適化したい場合、CleanMyMacXのスペースレンズ機能を使いましょう。

スペースレンズ機能は、ストレージの仮想マップを作成して、大容量のファイルやフォルダーを表示します。その後、不要なファイルを選択し、ワンクリックで削除できるので、Macのストレージの空き容量を簡単に増やせます。

  1. CleanMyMac X  を起動し、「スペースレンズ」を選択
  2. 下部の「スキャン」をクリック
  3. スキャン終了後に、ストレージスペースを確認し、削除したいファイルを見つけましょう
  4. 削除したいファイルを選択し、下部の「削除」をクリック

これで大きなファイルが削除できました。

方法5.iOSのバックアップを削除する

MacでiPhoneのバックアップを取っている場合は、バックアップファイルが肥大化しているかもしれません。空き容量を確保するために、定期的に削除しましょう。

  1. Finder を開きます。
  2. iPhoneを接続します。
  3. サイドバーにある接続したiPhoneをクリックします。
  4. 「一般」タブで「バックアップを管理」をクリックします。
  5. 消したいバックアップをクリックして下部の「バックアップを削除」をクリックします。
  6. 確認画面が出るので「削除」をクリックします。

これでiPhoneのバックアップが削除できました。

方法6.キャッシュファイルの削除

ストレージの空き容量を圧迫するデータの一種にキャッシュファイルがあります。これはアプリやシステムの高速化のために一時的に生成されるファイルです。しかし、放っておくとどんどん溜まっていくので定期的に削除しましょう。

キャッシュファイルは以下の場所に存在します。

  • /Library/Caches/
  • /System/Library/Caches/
  • /Users/ユーザ名/Library/Caches
  • /Users/ユーザ名/ダウンロード

Finderでこれらの場所に移動し、中身を削除しましょう。

  1. Finderを開きます
  2. 上部メニューバーの「移動」を選び「フォルダへ移動」を選びます
  3. キャッシュファイルのある場所を入力し、Returnキーを押します
  4. 消したいファイルをゴミ箱に移動させます
  5. ゴミ箱を空にします

方法7.macOSのアップデート

ストレージに空き容量ができたら、最後にmacOSのアップデートをしましょう。最新のバージョンのOSにしないと、Macの内部が最適化されず、おかしい挙動が発生する場合があります。

  1. Appleメニュー>システム設定>一般>ソフトウェアアップデートを選びます。
  2. アップデートが表示されたら「今すぐアップデート」をクリックします。

これでソフトウェアアップデートができました。常に最新のバージョンになるように定期的にチェックしましょう。

まとめ

Macのストレージのシステムデータは以前は「その他」のデータと呼ばれていたファイルです。その正体はMacで規定されているファイル形式以外のファイルすべてで、放っておくと肥大化し、システムの動作がおかしくなってしまうため、ストレージを定期的にチェックし空き容量が少なくなる前にクリーンアップしましょう。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード