Macでファイルを削除できないときの原因と8つの対処法

1 分で読む

渡邉 裕美 photo

渡邉 裕美

ライター。パンとチーズとライティングがエナジー

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macを使っていて、なぜかファイルが削除できないときがあります。この記事では、以下の2点を紹介します。

  • Macでファイルを削除できない原因
  • Macでファイルを強制的に削除する対処法

今すぐ削除できないファイルをどうにか削除したいときに、紹介する対処法を順番に試してみてください。不要なファイルはできるだけ速やかに削除し、Macをクリーンに保ちましょう。

Macでファイルを削除できない原因

Macでファイルを削除できないときは、以下の原因が考えられます。

  • 起動中のアプリケーションなどでファイルを使用
  • ファイルにロックがかかっている
  • ファイルの変更権限がない
  • その他、何かの不具合

Macでファイルを削除できないときの8つの対処法

Macでファイルを削除できないときは、強制的にファイルを削除してしまいましょう。

対処法1:ゴミ箱で削除する

まず、ゴミ箱でファイルを削除できるか試してみましょう。

  1. Dockの「ゴミ箱」を開く
  2. 削除できないファイルを選択し右クリックする
  3. 「すぐに削除」をクリックする

対処法2:別のフォルダに入れて削除する

削除できないファイルを、別のフォルダに入れて削除操作すると、削除できる場合があります。

対処法3:再起動する

アプリケーションで使用中のファイルを削除しようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示され、ファイルが削除できないことがあります。

  • アイテムは削除できないため、ゴミ箱に入れることができません。
  • アイテムが使用中なため、操作は完了できません。

再起動で起動中のアプリケーションを終了させてから、もう一度削除操作を行ってみてください。再起動の手順は以下のとおりです。

  1. 左上の「Appleメニュー」をクリックする
  2. 「再起動」をクリックする

対処法4:アプリケーションを強制終了する

再起動が難しい場合で、アプリケーションで使用中のエラーメッセージが出る場合は、アプリケーションを強制終了しましょう。アプリケーションが特定できない場合は、以下の手順ですべてのアプリケーションを終了するのがおすすめです。

  1. 「Option」 +「Command」+ 「Esc」キーを同時に押す
  2. アプリケーションの強制終了で終了したいアプリケーションを選択する
  3. 「強制終了」ボタンをクリックする

対処法5:ファイルのアクセス権を変更する

ファイルのアクセス権が「読み出しのみ」の場合、ファイルの削除ができません。削除したいファイルのアクセス権を「読み/書き」に変更することでファイルが削除できるようになります。

  1. ファイルを右クリックし、「情報を見る」をクリックする
  2. 「共有とアクセス権」タブを展開する
  3. アクセス権を「読み/書き」に変更する
  4. 右下の鍵をクリックしアクセス権変更を保存する

対処法6:ファイルのロックを解除する

ファイルがロックされていることも削除できない原因です。以下の手順でロック解除しましょう。

  1. ファイルを右クリックし、「情報を見る」をクリックする
  2. 「一般情報」タブを展開する
  3. 「ロック」のチェックボックスのチェックを外す

対処法7:ターミナルでファイルを削除

ここまでで紹介した対処法で削除ができないファイルは、ターミナルで強制削除しましょう。

  1. Finder を開く
  2.  アプリケーション > ユーティリティ > ターミナルを選択し、ターミナルを起動する
  3. 「rm (rmと半角スペース)」と入力する
  4. 削除したいファイルをターミナルにドラッグする
  5. ファイル名が入力されたことを確認する
  6. 「Enter」キーを押す

対処法8:CleanMyMac Xでゴミ箱をスキャンしファイルを強制削除

 

手動で削除できないファイルを強制削除する方法のほかに、CleanMyMac Xというアプリケーションを使う方法もあります。CleanMyMac Xは、Macの最適化ツールです。macOSのクリーナー、パフォーマンスモニター、マルウェア除去などを数クリックで実行でき、ゴミ箱からファイルを強制削除する際にも活躍します。

Macのゴミ箱スキャンモジュールでは、数クリックの簡単操作で、Finderエラーを回避し、Macすべてのゴミ箱を空にすることが可能です。

  1. CleanMyMac Xをダウンロードして起動する
  2. サイドバーの「ゴミ箱」をクリックする
  3. 「スキャン」ボタンをクリックする
  4. スキャンが終わったら「消去」をクリックする

Macでファイルを削除できないときの原因と8つの対処法まとめ

Macでファイルが削除できないときの原因は、起動中のアプリケーションなどでファイルを使用中やファイルロックが考えられます。

この記事で紹介する8つの対処法を、Macのファイルが削除できない問題の解決に役立ててください。

Macでファイルが削除できないなど、お使いのMacトラブルには、CleanMyMac Xでの定期メンテナンスがおすすめです。CleanMyMac XでMac生活をより快適にしましょう。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード