MacでiOSファイルを削除する方法

3 分で読む

守屋ノブ

IT&科学ライター。趣味は難解なパズルを解くことと読書。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

MacとiOSデバイスを同期して使っていると、MacにiOSファイルがたまってくることがあります。これらのファイルは、Macのストレージ容量を圧迫し、パフォーマンス低下につながることがあります。この記事では、MacでのiOSファイルとは何かを説明し、iPhoneがiCloudにバックアップされているかどうかを確認する方法、そしてMacからiOSファイルを削除する方法を紹介します。

1. iOSファイルとは?

まず、MacでのiOSファイルとは何かを説明しましょう。iOSファイルは、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスのバックアップファイルやアプリケーションデータ、写真、音楽などを含むファイルです。これらのファイルは、iOSデバイスとMacを同期することでMacに保存されます。

それでは、iPhoneがiCloudにバックアップされているかどうかを確認する方法を見ていきましょう。

  1. iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  2. 画面上部にあるApple IDバナーをタップします。
  3. 「iCloud」を選択します。
  4. 「iCloudバックアップ」をタップします。
  5. 画面に表示される「iCloudバックアップ」のオンオフスイッチを確認します。スイッチが緑色になっている場合、iPhoneはiCloudにバックアップされています。

次に、MacからiOSファイルを削除する方法を紹介します。

2. iOSファイルを削除する方法

2.1. Finderを使用してiOSバックアップを削除

  1. MacのFinderを開きます。
  2. メニューバーから「移動」>「フォルダへ移動」を選択します。
  3. 次のパスを入力してリターンキーを押します:~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/
  4. このフォルダ内にあるバックアップファイルを選択し、「ゴミ箱に入れる」を選択します。

 

 

💡知っていましたか?

手作業でやればできるのはわかってるけど、Finderで指定のフォルダまで飛んで、全てのファイルをみながら選別してく。。。なんて作業は面倒だと感じる人も多いと思います。

そんな時は、ツールの力を借りてできるだけ自動化することをおすすめしています。おすすめするツールは、MacPaw社の開発するCleanMyMac Xを使用することです。

隅々まで検索して、不要なファイルをピックアップしてくれます。こちらの機能を使用することで、時間をかけることなく、しかも定期的に不要なファイルを削除することができます。

 

  1. CleanMyMac Xをこちらからダウンロードします。
  2. 次に左側にある「システムジャンク」機能を選択して、「スキャン」を選択します。
  3. 検出された不要ファイル「消去」ボタンで簡単に削除することができます。

2.2. PhotosアプリでiOSデバイスの写真やビデオファイルを削除

  1. MacのPhotosアプリを開きます。
  2. 削除したい写真やビデオを選択します。
  3. メニューから「ゴミ箱に入れる」を選択します。
  4. 左上の「ファイル」メニューから「最近削除した項目をすべて削除」を選択して、削除した写真やビデオを完全に消去します。

2.3. App StoreアプリでiOSデバイスのアプリケーションファイルを削除

  1. MacのApp Storeアプリを開きます。
  2. 右上の「購入済み」タブをクリックします。
  3. 削除したいアプリケーションを見つけて、「X」マークをクリックします。
  4. ダイアログボックスで「削除」を選択します。

2.4. 古いバックアップファイルを削除

iPhoneとMacを同期したことがある方は、古いバックアップが消し切れていなことがあります。

  1. Finderを開いて、同期・接続しているiPhoneの詳細を開く
  2. そこで「バックアップを管理...」を開く
  3. 古いバックアップを選択して削除する。


これらの方法により、Macから不要なiOSファイルを削除することができます。ただし、重要なデータが失われることのないよう、削除する前にバックアップが存在していることを確認しましょう。

3. まとめ

MacでiOSファイルがたまってくると、ストレージ容量が圧迫されることがあります。この記事では、MacでのiOSファイルとは何か、iPhoneがiCloudにバックアップされているかどうかを確認する方法、そしてMacからiOSファイルを削除する方法を紹介しました。これらの方法を利用して、Macのストレージ容量を節約し、パフォーマンスを向上させましょう。ただし、重要なデータが失われないように注意してください。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード