Macのカーソルが動かないときの原因とは。4つの対処法も解説します

3 分で読む

サワダ マサコ photo

サワダ マサコ

ライター/校正。Art de Vivre、読者に気づきと優しさを。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

「急にMacのカーソルが動かなくなった」

「購入したMacでカーソルが動かない」

「突然マウスのポインターが動かなくなってしまった」

このような状況になると、Macで作業ができなくなり、困ってしまいますよね。

この記事では、Macのカーソルやポインターが動かない原因と対処法を紹介します。

Macのカーソルが動かない6つの理由

Macでカーソルが動かないときは、主に以下の理由が考えられます。

  • マウスの電池切れ
  • マウスの接触不良
  • Bluetoothの接続エラー
  • MacOSがフリーズ
  • ハードウェアの設定情報エラー
  • マウスの故障

続いて、4つの対処法をチェックしていきましょう

Macのカーソルが動かないときの4つの対処法

Macのカーソルが動かないときの対処法を順番に紹介します。

対処法1:Macを再起動する

はじめに試していただきたい方法は、Macの再起動です。以下の手順でMacを再起動しましょう。

  1. 「control + command + 電源ボタン」を同時に押す

対処法2:充電や汚れなどマウスをチェックする

「Magic Mouse」や「Magic Trackpad」などのワイヤレスデバイスの場合、電池切れを確認しましょう。新しい電池に交換し、カーソルが動くかどうか試してみてください。

ほこりやゴミなどマウス、トラックパッドの汚れによる接触不良でカーソルが動かないことも考えられます。気になる汚れがあれば、柔らかいクロスなどで取り除き、カーソルが動くようになったか試してください。

対処法3:CleanMyMac Xの最適化を実行しカーソルが動かないトラブルを予防

Macが正しく起動できず、その結果カーソルが動かないことがあります。そこでおすすめの方法がCleanMyMac Xをダウンロードし、お使いのMacでCleanMyMac Xの最適化を実行することです。

Macで実行されているプログラムの状態を管理することで、Macがフリーズしてしまい、Macのカーソルも動かないなどのトラブルを防げます。以下が手順です。

  1. CleanMyMac X無料版をダウンロードして起動する
  2. サイドバーの「最適化」をクリックする
  3. 「XX件すべての項目を選択」ボタンをクリックする
  4. 表示されるリストをチェックする

CleanMyMac Xの最適化では、メモリを大量消費しているアプリを管理したり、隠れた起動エージェントを削除したりするために必要な情報がリスト化されます。Macがスムーズに動くように、必要に応じて削除しましょう。

 

対処法4:Bluetoothの接続エラーをチェックする

Bluetoothの接続エラーにより、マウスやトラックパッドなどのデバイスがMacに接続されなくなると、カーソルが動かなくなります。以下の手順でBluetoothの接続エラーを解消しましょう。

  1. Macの電源を切る
  2. マウスやトラックパッドの電源をオフにする
  3. Macを起動する
  4. マウスやトラックパッドの電源をオンにする

対処法5:MacOSの不具合を解消する

MacOSの不具合でフリーズしてしまうと、パソコン画面が動かないため、当然カーソルも動かなくなります。マウスが正常であれば、MacOSのフリーズを解消すれば、カーソルが動くようになるでしょう。

MacOSの不具合解消方法は、おもに3つです。

  • SMCリセット
  • NVRAMまたはPRAMリセット
  • セーフモード起動

【SMCリセット】

Macが起動できない、充電できないなど電源やバッテリーの不具合では、SMC(システム管理コントローラ)のリセットを試してみましょう。手順を紹介します。

  1. Macの電源を切る
  2. 「左のshift+control+option」キーを同時に押しながら、電源ボタンを押す
  3. 約10秒間押し続けたあとに、はなす
  4. Macの電源ボタンを押す

【NVRAMまたはPRAMリセット】

Macのアクセス関係の設定情報を記憶するNVRAM(不揮発性ランダムアクセスメモリ)やRAM(パラメータRAM)の不具合を解消する方法です。手順を紹介します。

  1. Macの電源を切る
  2. 電源ボタンを押し、すぐに「option+command+P+R」キーを同時に押す
  3. 約20秒間押し続けたあとに、はなす

【セーフモード起動】

セーフモードで起動すると、起動ディスクを検証修復したり、不要なキャッシュファイルを削除したりが可能です。手順を紹介します。

  1. Macを起動すると同時に、「shift」キーを押し続ける
  2. ログインウィンドウが表示されたら「shift」キーをはなす
  3. Macを再起動する

Macのカーソルが動かない原因と対処法まとめ

Macのカーソルが動かない原因と4つの対処法を紹介しました。

  • Macを再起動する
  • 充電や汚れなどマウスをチェックする
  • Bluetoothの接続エラーをチェックする
  • MacOSの不具合を解消する

上記4つの対処法を順番に行い、カーソルが動くようになるか試してみてください。 Macがフリーズしがちな場合は、CleanMyMac Xをダウンロードして、定期的に最適化を実行するのが効果的です。Macのフリーズやカーソルが動かないトラブルを予防し、より快適にMacを使えるようになります。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード