Macがフリーズする原因と強制終了の仕方

2 分で読む

山田ありか photo

山田ありか

ライター兼エディター/広報PRプランナー

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macを使用している際、フリーズしてしまうことがあります。フリーズが発生する原因と、対処法について解説します。

フリーズの原因

フリーズは、高負荷な作業を行った場合に生じやすくなります。どのアプリケーションでも、動作するときに一定のメモリ領域が必要です。Macのメモリ領域が足りなくなるとフリーズが発生しやすくなることを覚えておきましょう。

放置すると、症状がなおる可能性がありますが、しばらく放置してもフリーズ状態から回復しない症状のことを「ハングアップ」と呼びます。ハングアップしている場合には、待っていても仕方がありません。なるべく負荷がかからないように注意しながら、強制終了または再起動しましょう。

強制終了の前にやるべき3つのこと

強制終了は、Mac本体に大きな負荷がかかるといわれていますので、できるなら避けたいところです。まずは強制終了に踏み切る前に、できることを試してみましょう。

その1:CPUの負荷を低減させる

フリーズの原因は、システムにかかる負荷が大きすぎることが主な原因です。システムに負荷がかかりすぎると、CPUの温度が上昇し、ハードウェアに物理的な不具合が起こりやすくなります。

フリーズの原因となっているアプリケーションを見つけ出し、終了することで、症状が改善する可能性があります。以下の手順で行っていきましょう。

  1. Launchpadから「その他」の中にある「アクティビティモニタ」を起動します。
  2. CPUのタブを選びます。
  3. 「%CPU」の項目でソートし、数値の高いアプリケーションを選択します。
  4. 上部中央の「×」印を押します。

CPUの負荷を低減させる〜CleanMyMac Xを使用〜

CPUに負荷をかけているアプリケーションを見つけ出すのが難しい場合には、CleanMyMac Xなどのメンテナンスアプリを使うと便利です。CleanMyMac Xの最適化モジュールを使えば、フリーズしているアプリ、CPU消費の多いアプリをすばやく見つけ出し、ワンクリックで対処できます。CleanMyMac XはApple公認のクリーンアップアプリです。クリーンアップの簡単な手順をご紹介しましょう。

 
  1. CleanMyMac X の無料版をダウンロードします
  2. 画面上の指示に従ってMacにインストールして、アプリケーションフォルダから起動します。
  3. サイドバーにある「最適化」をクリックします。
  4. 次に「すべての項目を表示」をクリックします。
  5. 右側に出ているアプリケーションのうち、削除したいものを選択し「削除」ボタンを押します。
  6. 画面下部の「終了」をクリックします。

 

普段からパソコンの動作をスムーズにするために、CleanMyMacで不要なアプリや、ゴミ箱内に溜まったファイルの削除などを行い、日常的なクリーンアップを心がけるとよいでしょう。

その2:macOSとアプリケーションを最新にする

MacのOSやAppを最新バージョンにアップデートすることで、フリーズが解消することがあります。特定のAppを起動させているときにだけトラブルが起きる場合は、対象のAppを最新のバージョンにアップデートしてみましょう。アップデートの手順は、以下の通りです。

  1. 「Appleメニュー>システム環境設定>ソフトウェアアップデート」を選びます。
  2. 新しいバージョンが表示されたらアップデートします。

 

その3:作業中のファイルを保存する

上記の方法を試しても、フリーズが解消されない場合には、強制終了します。残念ながら、強制終了によって作業中のデータは失われてしまうかもしれません。強制終了する前に、保存ができるか試してみましょう。

まず、マウスカーソルが動かせるか確認してみてください。マウスカーソルが動かない場合には、ショートカットキーで対処しましょう。

マウスカーソルを動かせる場合:「保存」ボタンをクリックします。

マウスカーソルが動かせない場合:「command」+「S」キーを押します。

強制終了の方法

それでも動かない場合は、いよいよ強制終了のステップに入ります。まず、キーボードかマウスのどちらか動くのか、どちらも動かないのかを確認してください。フリーズの症状に合わせて、3つの対処法をご紹介します。

キーボードの入力はできる場合

キーボードの入力ができる場合には、下記のショートカットキーで強制終了できます。

「Command+control(Ctrl)+電源ボタン」

フリーズしているが、マウスは動く場合

マウスを動かせる場合には、下記の手順で強制終了できます。

  1. Appleメニューを選択します。
  2. 「強制終了」を選択します。

マウスもキーボードも動かない場合

マウスもキーボードも動かない場合には、内蔵キーボードの一番右上にある、電源ボタンを押し続けて強制終了します。

電源を落とした後には、しばらく起動せず、Macをクールダウンさせましょう。

Macを強制終了しても直らない場合の対処法

強制終了してもフリーズしている場合には、以下の方法を試してみましょう。

セーフモードで起動して検査する

Macをセーフモードで起動することで、発生している問題の原因がMacの起動時に読み込まれるソフトウェアなのかを特定し、簡易的に修復できます。以下の手順で、セーフモードを起動して検査しましょう。

  1. 起動時に「Shift」キーを長押しします。
  2. 「ディスクユーティリティー」から「First Aid」を選択します。

 

RAMの解放

RAMを解放し、アプリケーションが使用するメモリ容量不足を解消すると、フリーズを起こしにくくなります。CleanMyMac X を使えば、数クリックでメモリの解放が完了します。以下の手順で行っていきましょう。

  1. CleanMyMac X の無料版をダウンロードします
  2. 画面上の指示に従ってMacにインストールして、アプリケーションフォルダから起動します。
  3. サイドバーにあるメンテナンスをクリックします。
  4. 画面上部にある「RAMを解放」にチェックを入れます。
  5. 画面下部の「実行」をクリックします。

フリーズを繰り返さないためには、日頃のメンテナンスが大事

Macがフリーズした際の対処法をご紹介しました。

<強制終了の前に試して欲しいこと>

  • CPUの負荷を低減させる
  • macOSとアプリケーションを最新にする
  • 作業中のファイルを保存する

<強制終了の仕方>

  • キーボードの入力はできる場合→ショートカットキーを使う
  • フリーズしているがマウスは動く場合→appleメニューから選択
  • マウスもキーボードも動かない場合→電源ボタンを押し続ける

<強制終了しても問題が解決されないとの対処法>

  • セーフモードで起動して検査する
  • RAMの解放

強制終了すると、Macに大きな負担がかかります。フリーズして動かなくなってしまった際には、すぐに強制終了を行うのではなく、他にできる手段を試してみましょう。フリーズを繰り返さないように、CleanMyMac Xなどのアプリで、日常的なメンテナンスをするのがおすすめです。

 

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード