Macの移行アシスタントが進まない!2つの解決法

3 分で読む

渡邉 裕美 photo

渡邉 裕美

ライター。パンとチーズとライティングがエナジー

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macのデータをスムーズに新しいMacに移行できればよいですが、移行アシスタントを使った際にトラブルに見舞われることも多々あります。Wi-Fiでの移行が遅すぎて完了しない、接続ケーブルの種類が分からないなど、さまざまな問題に直面するかもしれません。本記事では、Macの移行アシスタントの使い方と移行アシスタントが進まないときの2つの解決法を詳しく解説します。

Macの移行アシスタントとは?

Macの移行アシスタントとは

Macから別のMacへデータを移行させるとき、最も一般的なのが移行アシスタントを使う方法です。両方のMacで同じ「Wi-Fi」を使って行います。移行アシスタントを使うと、元のMacで保存している情報を、新しい移行先のMacにコピーできます。音楽や写真はもちろんのこと、アプリ、設定なども全て移行先のMacにコピーして再現することが可能です。ただし、Apple公式以外の設定データでは、一部うまく引き継げないケースがあります。データ量が膨大な場合は、移行作業に手こずるかもしれません。

Macの移行アシスタントの使い方

Macの移行アシスタントの使い方を確認します。

【準備するもの】

Mac同士を繋げるケーブルが必要です。

移行先のMacの「移行アシスタント」を設定

以下の手順で移行先のMacにおいて、移行アシスタントを設定します。

移行アシスタント

  1. アプリケーション内のユーティリティフォルダにある「移行アシスタント」をクリックする
  2. 表示されたウィンドウで「続ける」をクリックする
  3. 「パスワード」を入力後「OK」ボタンをクリックする
  4. 移行アシスタントモードに切り替わったら「別のマックへ」>「続ける」をクリックする

続いて、移行元の設定に移ります。

【推奨】移行前にはジャンクファイルを削除しましょう

【推奨】移行前にはジャンクファイルを削除しましょう

長年使ったMacには、もう必要のないデータが蓄積されている可能性が高いのではないでしょうか。新たなMacにデータを移行するならば、移行する価値のあるデータに絞るのが理想的です。とはいっても、手動で不要なファイルやデータを見つけるのは手間がかかるため、ジャンクファイルを一層する機能を搭載したアプリを使う方法をおすすめします。

CleanMyMac X」は、システムの隅々までスキャンしてくれるMacの頼れるクリーナーアプリです。 ASIA DESIGN PRIZE 2022金賞受賞など、デザイン性も抜群、世界で115万人がダウンロードしており、Apple Notarization取得済みであることから、安心して利用できます。

ジャンクファイルを筆頭に、隠れた大きなファイルや古いアーカイブなどを徹底的に取り除くサポートをアプリに任せてみませんか。システムジャンクをクリーンアップする手順を見てみましょう。

 
  1. CleanMyMac Xの無料版をダウンロードして起動する
  2. サイドバーの「システムジャンク」をクリックする
  3. 「スキャン」ボタンをクリックする
  4. スキャンが終わったら「詳細」をクリックし削除する内容を確認しチェックを入れる
    CleanMyMac X – スキャン
  5. 「削除」ボタンをクリックする

これで、ユーザーキャッシュファイルや破損したログイン項目などのジャンクファイルを削除できます。

移行元のMacの「移行アシスタント」を設定

以下の手順で移行元のMacにおいて、移行アシスタントを設定します。

  1. アプリケーション内のユーティリティフォルダにある「移行アシスタント」をクリックする
  2. 表示されたウィンドウで「続ける」をクリックする
  3. 「パスワード」を入力後「OK」ボタンをクリックする
  4. 「Mac 、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」>「続ける」をクリックするこれから先は、移行先と移行元とのデータ移行に進みます。
  5. 移行先のMacの起動ディスクを選択する画面で移行元のMacを選び「続ける」をクリックする
  6. 移行先・移行元の両方のMacでセキュリティコードを確認>「続ける」をクリックする
  7. 移行先のMacで転送する情報にチェック>「続ける」をクリックする

これでデータ移行が始まるため、完了するまで待機します。

Macの移行アシスタントが進まない場合の解決法

Macの移行アシスタントを使っていて、問題に直面することもあるでしょう。そのようなケースでは、以下の2つの解決法を試してください。ここからは、順調に移行アシスタントが進まないケースの解決法を紹介します。

解決法1.適切な接続方法を選ぶ

Wi-Fi経由の移行は遅くて不安定な場合があります。Wi-Fiの代わりにケーブルで移行元のMacと移行先のMacを直接つなぐと、高速で安定した移行が可能です。ケーブルは両方のMacに対応したものを用意する必要があります。高速データ伝送ならば、圧倒的な速さを誇るThunderboltケーブルがおすすめです。家電量販店やオンラインで購入できます。

解決法2.Time Machine経由で移行する

Time Machineでバックアップを作成しておけば、そのバックアップから新Macへの移行が可能です。事前にTime Machineの設定をする必要がありますが、安全に移行できるのがメリットです。Time Machine経由の場合、バックアップを保存した外付けSSDと移行先のMacをケーブルで接続して移行作業を実施します。

Time MachineバックアップでMacから別のMacにデータを移行する方法

解決法2で紹介したとおり、移行アシスタントを使わなくても、バックアップデータを復元することでもデータ移行ができます。ここからはTime Machineバックアップを使う方法を解説します。

  1. 左上の「アップルメニュー」>「システム設定」をクリックする
  2. サイドバー「一般」>「転送またはリセット」をクリックする
    Time MachineバックアップでMacから別のMacにデータを移行する方法
  3. 「移行アシスタントを開く」>「続ける」をクリックする
  4. 求められたらパスワードを入力する
  5. 画面に表示される指示に従いTime Machineバックアップから情報を転送する
  6. 転送する情報を選択する
  7. 画面に表示される指示に従い「続ける」をクリックして転送する
  8. 「完了」をクリックする

これで移行が完了しました。なお、転送時に問題が見つかった場合は、移行の途中でその内容が表示されます。

Macの移行アシスタントが進まない!2つの解決法まとめ

Macの移行アシスタントが進まないときは、Wi-Fi移行の代わりにThunderboltなどのケーブルで直接Macをつなぐか、Time Machineバックアップから移行するという2つの方法を試しましょう。

移行前には「CleanMyMac X」のようなジャンクファイル削除ができるアプリでMacの中身をクリーンアップしておくことをおすすめします。本記事で解説する対策とアプリでのクリーンアップにより、Macの移行アシスタントがうまく進まなくてもデータ移行は問題なく行えるはずです。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード