Macでメール送信できないときの解決法

2 分で読む

渡邉 裕美 photo

渡邉 裕美

ライター。パンとチーズとライティングがエナジー

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macでメール送信できないとなれば、慌ててしまうものです。本記事では、Macでメール送信できないときの原因と解決法を詳しく解説します。メール送信できずお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

Macでメール送信できないときの5つの原因

Macでメール送信できないときには、以下の5つの理由が考えられます。

原因1:SSLがオン

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上の通信を暗号化する技術で、データ通信による第三者の傍受・改ざんを防ぐ役割を果たしてくれます。メールアカウントのプロバイダがメール送信でSSLを使用しておらず、Macのメール設定でSSLがオンになっていると、エラーとなりメールが送信できません。

原因2:メールアカウントオフライン

メールアカウントがオフラインになっていることも、メール送信できない原因となります。ただし、メッセージを作成し、あとでオンラインに戻して送信することは可能です。

原因3:システムアップデートでの設定変更

macOSのアップデートで、メッセージ送信できなくなることがあります。アップデートの際に、メール設定がメッセージ送信できないものに変更されてしまうことが原因です。

原因4:インターネット接続されていない

インターネットに接続されていないことも原因です。

原因5:ファイアウォールの設定がオン

Macでファイアウォールがオンに設定されていると、外部との接続が遮断され、メール送信できないことがあります。

Macでメール送信できないときの5つの解決法

ここからは、Macでメール送信できないときの解決法を5つ紹介します。

解決法1:SSLを確認

最初に試していただきたいのはSSLの設定を確認することです。SSLの設定がオンとなっており、プロバイダがSSLを使用していなければ、エラーでメール送信ができません。以下の手順でSSLの設定を確認してください。

  1. メールアプリを開く
  2. 左上の「メール」>「設定」をクリックする
  3. 「アカウント」をクリックする
  4. 「プロバイダ(Googleなど)」>「サーバ設定」をクリックする
  5. 送信用メールアカウントのプルダウンで「SMTPサーバリストを編集…」を選ぶ
  6. 「サーバ設定」タブ>「TSL/SSLを使用」横のチェックが外れていることを確認する

解決法2:メールアカウントの設定を確認

メールアカウントがオフラインになっているとメール送信できないため、設定を確認します。手順は以下のとおりです。

  1. メールアプリを開く
  2. 左上のメニューバー>「メールボックス」をクリックする

表示された画面で、メールアカウントがオンライン(「すべてのアカウントをオフラインにする」を選べる状態)かどうか、確認しましょう。

解決法3:空き容量を増やす

メールボックスの容量が上限に達してしまうと、メールが送信できなくなります。不要なメールを削除するなどの対処が必要です。不要なメールを削除するだけでなく、メール内の不要なデータを削除することで、メールボックスの空き容量をより確保できます。

メール内の不要なデータとは、メールからダウンロードしたデータ(会社の小さなロゴなど)や添付ファイルのことです。コピーがMacの中に保存されてしまうため、メールボックスの容量を圧迫することになります。作業は、Apple公認のMac向け最適化アプリケーション「CleanMyMac X」を使って実行します。

「CleanMyMac X」は、世界標準のオールインワンパッケージです。Macの容量不足・動作が遅い・フリーズする・ウイルス対策などが1つのアプリケーションで、しかも数クリックの簡単な操作でできるようになります。では、「CleanMyMac X」でメールボックスの空き容量を増やす手順を見ていきましょう。

 
  1. CleanMyMac Xの無料版をダウンロードして起動する
  2. サイドバーの「メールの添付ファイル」をクリックする
  3. 「スキャン」ボタンをクリックする
  4. スキャン終了後「クリーンアップボタン」をクリックする

解決法4:OSアップデートの追加項目を確認

macOSYosemite以降のアップデートでは、自動的に追加される設定項目(暗号化に対応していない接続の許可)があります。暗号化に対応していない接続を許可することで、メール送信が可能になるかもしれません。以下の手順で、設定状況を確認しましょう。

  1. メールアプリを開く
  2. 左上の「メール」>「設定」をクリックする
  3. 「アカウント」をクリックする
  4. 「プロバイダ(Googleなど)」>「サーバ設定」をクリックする
  5. 送信用メールアカウントのプルダウンで「SMTPサーバリストを編集…」を選ぶ
  6. 「詳細」タブをクリックし、「セキュリティ保護されていない認証を許可」のチェックが外れていることを確認する

解決法5:セキュリティソフトをアンインストール

新しいセキュリティソフトをインストールする、もしくはアップデートした後に、メールの送信ができなくなるケースがあるようです。セキュリティソフトをアンインストールすれば、メール送信できるようになる可能性があります。

セキュリティソフトのアンインストールは、ゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にするだけでは不十分かもしれません。なぜなら、セキュリティソフトに関わる不要なファイルが残ってしまうためです。「CleanMyMac X」のアンインストーラ機能を使い、不要なファイルを残すことなくセキュリティソフトを完全削除することをおすすめします。手順は以下のとおりです。

  1. CleanMyMac Xの無料版をダウンロードして起動する
  2. サイドバーの「アンインストーラ」をクリックする
  3. 「X件のアプリケーションを確認」ボタンをクリックする
  4. 削除したいセキュリティソフトにチェックを入れる
  5. 「削除」ボタンをクリックする

Macでメール送信できないときの解決法まとめ

Macでメール送信できない場合、SSLの設定やファイアウォールの設定、メールボックスの容量不足などが考えられます。メールボックスの容量確保やソフトのアンインストールは、Apple公認の「CleanMyMac X」で、確実に素早く作業を終わらせるのがおすすめです。「CleanMyMac X」は、Macのパフォーマンスをアップさせる機能を備えたオールインワンパッケージです。ぜひ、無料ダウンロードのうえ、その便利さを体感してください。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード