MacにGoogle日本語入力を簡単にインストールする方法

2 分で読む

山口ヨシカズ photo

山口ヨシカズ

ITライター&編集者。ITエンジニア。猫が好き。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

MacでGoogle日本語入力を使いたいけど、インストール方法がよくわからない。そんなあなたのために、この記事ではMacにGoogle日本語入力を簡単にインストールする方法を丁寧に解説します。

それでは、さっそくMacにGoogle日本語入力をインストールしていきましょう。

インストールに必要なMacの要件

Google日本語入力をインストールするには、以下のシステム要件が必要です。インストールする前に確認しましょう。

  • macOS 11(Big Sur)・ 12(Monterey)・13(Ventura)・14(Sonoma)以降
  • ストレージの空き容量が200MB以上

macOSは、画面左上のリンゴマークの「このMacについて」から確認できます。

インストールに必要なMacの要件

OSの更新は、画面左上のリンゴマークから「システム設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順で行えます。

ストレージの空き容量は、画面左上のリンゴマークから「システム設定」→「一般」→「ストレージ」の順で確認できます(Ventura以前はリンゴマークから「このMacについて」→「ストレージ」の順)。空き容量が足りない場合は、以下の方法を試しましょう。

  • 不要なデータ・アプリを削除
  • データをiCloud・外付けのSSDなどに保存
  • ゴミ箱を空にする

インストールの方法

以下の手順の通りにすれば、Google日本語入力を簡単にインストールできます。

1 Google公式サイトへアクセス

始めに、Google公式サイトからGoogle日本語入力をダウンロードします。サイトにアクセスして、「MAC版をダウンロード」をクリックします。

Google公式サイトへアクセス

2 Google日本語入力のダウンロード

次に利用規約が出てきます。「同意してインストール」を選択すると、「GoogleJapaneseInput.dmg」ファイルをダウンロードできます。保存先はデスクトップなど分かりやすい場所がおすすめです。

3 マルウェアのチェック

ダウンロードしたGoogleJapaneseInput.dmgにマルウェアが含まれていないか念のためにチェックしましょう。Googleの公式ドメインからダウンロードしたものなら問題ありませんが、ブラウザに寄生するウイルスによって接続先ドメインがフィッシングサイトに変更されているケースがあるからです。

Appleから公証を受けているCleanMyMac Xを使ってマルウェアを除去しましょう。CleanMyMac Xを使ってマルウェアを除去するには以下のようにします。

 
  1. CleanMyMac X   の無料版をダウンロードします。
  2. 画面上の指示に従ってMacにインストールして、アプリケーションフォルダから起動します。
  3. サイドバーにある「ウイルスを削除」をクリックします。
  4. 下部にある「スキャン」をクリックします。
  5. ウイルスが検出されたら下部の「削除」ボタンを押します。

これでマルウェアの除去が出来ました。リスク低減のため、マルウェアのスキャンは定期的に行いましょう。

マルウェアのチェック

4 Google日本語入力のインストール準備1

ダウンロードした「GoogleJapaneseInput.dmg」ファイルをダブルクリックし、「GoogleJapaneseInput.pkg」を開きます。

5 Google日本語入力のインストール準備2

「このパッケージは、ソフトウェアをインストールできるかどうかを判断するプログラムを実行します。」というメッセージが出てきたら、「許可」を選択します。メッセージが2回出る場合があります。2回とも「許可」を選択します。

6 Google日本語入力のインストール準備3

「ようこそGoogleJapaneseInputインストーラへ」というメッセージが出てきます。「続ける」をクリックします。

7 Google日本語入力のインストール1

「“Macintosh HD”に標準インストール」というメッセージが出てきます。インストール先を任意の場所にしたい場合は、「インストール先を変更」から行えます。

Google日本語入力のインストール1

「インストール」を選択すると、パスワード入力を求められます。パスワードはMacを起動する際などに入力するものと同じです(Touch IDの場合は指紋認証)。パスワードの入力後にインストールが始まります。

8 Google日本語入力のインストール2

Google日本語入力を有効化するかのメッセージが出ます。基本的には「有効にする」をチェックしたままにして、「続ける」を選択します。以上でインストール完了です。

インストールした際に使った「GoogleJapaneseInput.dmg」ファイルは不要のため、削除しておきましょう。また、インストールした際に表示された「GoogleJapaneseInput」を右クリックし、「取り出す」を選択します。

9 Macの再起動

Google日本語入力を反映させるため、最後にMacを再起動しましょう。

Google日本語入力の有効化と設定

Google日本語入力を使うには、画面上部のメニューバーにある「A」や「あ」のマークをクリックし、「ひらがな (Google)」などを選択します。メニューバーに「A」や「あ」のマークがない場合は、以下の方法で表示できます。

  1. システム設定をクリック
  2. 「キーボード」を選択
  3. テキスト入力の「編集」をクリック
  4. すべての入力ソースから「メニューバーに入力メニューを表示」を有効化

Google日本語入力の有効化と設定

Macに元々入っている「日本語ーローマ字入力」など不要であれば、テキスト入力の「編集」の「−」から削除できます。

直近で「英数 (Google)」や「ひらがな (Google)」を使えば、次からキーボードの「英数」や「かな」で簡単に使い分けられるため、便利です。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード