Macでアプリの残留ファイルを削除する方法

2 分で読む

サワダ マサコ photo

サワダ マサコ

ライター/校正。Art de Vivre、読者に気づきと優しさを。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macを使っていると、アプリケーションをアンインストールしたにもかかわらず、なぜかディスクスペースが圧迫されていることはありませんか?それは、アンインストールしたアプリケーションが残留ファイルとして残っている可能性があります。これらのファイルは、見た目にはわからないですが、ディスクスペースを圧迫し、パフォーマンスの低下を引き起こすことがあります。この記事では、Macでの残留ファイル問題とその解決方法について詳しく説明します。

Macでの残留ファイル問題とは何か?

Macのパフォーマンスが低下したり、ストレージスペースが足りなくなったりする原因の一つに、残留ファイル問題があります。

これは、アプリケーションをアンインストールした後も、そのアプリケーションに関連したファイルや設定がMacのハードドライブ上に残ってしまう現象を指します。

このようなファイルは、アンインストール時に完全に削除されないため、時間とともに蓄積されていきます。

その結果、無駄にストレージスペースを占有したり、システムのパフォーマンスを低下させたりすることがあります。

Macでの残留ファイル問題は、ユーザーの体験を大きく損なう可能性があるため、適切な管理と対処が必要となります。

残留ファイルの定義とは?

残留ファイルとは、アプリケーションやソフトウェアがインストールされた際に作成され、その後アンインストールしても削除されずにシステム内に残ったファイルのことを指します。

これらのファイルは通常、設定情報や一時的なデータ、ログファイルなどを含んでおり、再度同じアプリケーションをインストールした際に再利用することを目的としています。

しかし、これらのファイルが蓄積されることでストレージスペースを占有し、パフォーマンスの低下を引き起こす可能性があるのです。

特にMacでは、アプリケーションのアンインストールはドラッグ&ドロップで簡単に行えますが、これだけでは残留ファイルは完全に削除されません。

そのため、定期的にこれらの残留ファイルを削除することが重要となります。

Macでのアプリアンインストール時の正しい手順

Macでアプリをアンインストールする際の正しい手順は、以下の通りです。

  1. Finderを開き、左側のメニューから「アプリケーション」を選択します。
  2. 削除したいアプリを探し、そのアイコンを右クリックし、「ゴミ箱に移動」を選択します。

これでアプリ自体は削除されますが、残留ファイルがまだ存在する可能性があります。

残留ファイルを手動で削除する方法

Finderを使ってMacの残留ファイルを探す方法をご紹介します。

  1. Finderを開き、「移動」メニューから「フォルダへ移動」を選択します。
  2. 「~/Library」を入力し、移動ボタンをクリックします。
  3. 「Application Support」フォルダを開き、削除したアプリの名前が付いたフォルダを探します。これが残留ファイルの一部です。
  4. 同様の方法で「Caches」と「Preferences」の2つのフォルダもチェックします。

これらのフォルダはアプリの設定やキャッシュデータを保存する場所なので、不要なファイルが残っている可能性があります。

見つけたら、それらのファイルやフォルダをゴミ箱に移動させて削除します。

ただし、システムファイルや他のアプリケーションに影響を及ぼす可能性のあるファイルを削除しないよう注意してください。

隠しファイルやフォルダの特定と削除

Macのシステム内部には、通常の操作では見ることができない隠しファイルやフォルダが存在します。これらは主にシステムがスムーズに動作するための設定ファイルや一時ファイルなどで、通常は触れる必要はありませんが、アプリのアンインストール時にこれらが残留ファイルとして残ってしまうことがあります。

これらの隠しファイルやフォルダの特定と削除は通常の操作では出来ません。以下のようにします。

  1. Finderを開いて「移動>ユーティリティ」を選択し、「ターミナル」を起動します。
  2. ターミナルで「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE; killall Finder」と入力します。

これで隠しファイルが表示されます。

アンインストールしたアプリの名前で検索をかけ、関連するファイルやフォルダを削除します。

ただし、システムファイルを誤って削除しないよう注意が必要です。隠しファイルの表示を元に戻すには、「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE; killall Finder」と入力します。これらの操作は高度な知識を必要とするため、不安な方は専門のソフトウェアを利用することをおすすめします。

残留ファイルを自動で削除しながらアンインストールする方法

アンインストールの際に残留ファイルを自動的に削除するには、専門のツールを使う必要があります。このようなツールはたくさんありますが、筆者のおすすめはCleanMyMac Xです。

CleanMyMac XはAppleから公証を受けたクリーンアップアプリで、様々な機能が付いている便利なツールです。

以下のように使います。

 
  1. CleanMyMac X   の無料版をダウンロードします。
  2. 画面上の指示に従ってMacにインストールして、アプリケーションフォルダから起動します。
  3. サイドバーにある「アンインストーラ」をクリックします。
  4. リストから対象のアプリを選び、ドロップダウンメニューから「削除」を選択します。
  5. 「削除」をクリックします。

また「アプリ削除後の不要ファイル」を選択すると残留ファイルだけを削除できます。

これで残留ファイルと共にアンインストールできました。簡単な操作で完了するのでおすすめです。

まとめ

本記事では、Macでの残留ファイル問題とその解決方法について詳しく解説しました。

残留ファイルは、アプリケーションのアンインストール時に残ってしまうデータであり、これが蓄積することでストレージの無駄使いを引き起こします。

この記事で説明した方法を活用して、Macのパフォーマンスを最大限に引き出し、快適なコンピュータライフを送りましょう。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード