MacからSearch Marquisを削除する方法

3 分で読む

守屋ノブ

IT&科学ライター。趣味は難解なパズルを解くことと読書。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

MacでGoogleまたはYahooを検索したときに見たことのない検索エンジンが表示されたことがありますか? Search Marquisウイルスかもしれません。 Search Marquis ウイルスは Mac を壊すことはありませんが、ユーザーにとっては非常に迷惑です。

Search Marquis ウイルス(サーチマーキス)とは何ですか?

Search Marquisウイルスは、Bingウイルスをさらに悪化させたブラウザハイジャッカーです。このウイルスに感染すると、ブラウザのデフォルトの検索エンジンを偽の検索エンジンに上書きしてしまい、復元ができません。 

偽の検索エンジンとは、searchmarquis.comです。それについて聞いたことのある人はほとんどいないでしょう。このサイトは、ウイルス作成者がフィッシングサイトなどの悪意のあるサイトを優先表示するために作成した偽物のサイトです。

このウイルスには、ポップアップ広告を大量に表示する症状などもあります。それらの多くは、ユーザーに不要な広告です。

これらの症状を改善するには、ブラウザハイジャッカー対策を講じる必要があります。

Search Marquisウイルス(サーチマーキス)の感染経路は何ですか?

多くのブラウザハイジャッカーと同様に、Search Marquisウイルスもユーザーの知らないうちにインストールされています。他の無害なソフトウェアへの「おまけ」の形で配布されているのです。

海外から無料のソフトウェアをインストールすることがあるでしょう。この場合、インストーラを実行し、指示に従ってインストールする際に 「searchmarquis.comをインストールしますか?」といった、目立たない項目があるのです。

そして、この項目はデフォルトで選択されています。つまり、この確認事項に気づかずにインストールを続行してしまうと、ブラウザハイジャッカーがいつの間にかにインストールされてしまいます。

Search Marquis (サーチマーキス)ウイルスを自分で削除する方法

Search Marquisウイルスは手動または自動で対策できます。もちろん、自動的に対策する方が簡単で安全です。

Apple公証のCleanMyMac Xのソフトを使用して自動で簡単に削除することができます。 CleanMyMac XはMac専用のクリーニングソフトで、ウイルス対策の機能も搭載されており、ウイルスを完全に除去することができます。

 
  1. CleanMyMac X の無料版をダウンロードしてください。
  2. 画面の指示に従ってMacにインストールし、「アプリケーション」フォルダから実行します。
  3. サイドバーで「ウイルスを削除」をクリックします。
  4. 下部の「スキャン」をクリックします。
  5. ウイルスが見つかったら、下の「削除」ボタンをクリックしてください。

 

この方法はサーチマーキス以外のウイルスを同時に除去しますが、アンインストーラーの機能を使用すればサーチマーキスウイルスのようなウイルスを含む悪質なアプリをピンポイントに削除することもできます。 

  1. CleanMyMac X を起動します。
  2. サイドバーから「アンインストーラー」をクリックします。
  3. 怪しい動きに気づく前の、直近でインストールしたプログラムを選択します。
  4. プログラム名の横にあるドロップダウンメニューから削除を選択します。
  5. 下の「削除」ボタンをクリックしてください。

 

これでSearch Marquis ウイルスを削除することができました。症状が改善されたかどうかを見てみましょう。

Search Marquis (サーチマーキス)ウイルスを手動で削除

MacでSearch Marquisウイルスを手動で削除することもできます。ご自身で対処したい場合は、次の方法を使用できます。

Search Marquis ウイルスに感染すると、検索エンジンのプロセスが常にバックグラウンドで実行されるように見えます。したがって、まずプロセスを停止します。

  1. Finderでアプリケーションフォルダを開く。
  2. アクティビティモニタを開く。
  3. どのタブでもいいので、インストールした覚えのないプロセスを見つけてください。
  4. Googleでプロセス名を検索して、プロセスが何であるかを確認します。
  5. Search Marquis ウイルスが見つかるまで、ステップ3と4を続けます。
  6. Search Marquis ウイルスプロセスを見つけたら選択し、上部中央の「x」をクリックします。



ウイルスのプロセスを停止する際には、Googleでプロセス名を検索し、何のアプリのプロセスかを調べて、ウイルスのプロセスか、そうではないかを確認しましょう。多くのプロセスは一見何かわかりません。誤って正常なプロセスを停止しないように注意してください。 

ウイルスのプロセスを停止したら、ウイルスの本体であるプログラムを削除してください。 

  1. Finderでアプリケーションフォルダを開く。
  2. 怪しい動きに気づいた直前にインストールしたプログラムを選択します。
  3. 2つのプログラムをゴミ箱に移動。
  4. ごみ箱を空にする。 

これでウィルス対策が完了です。症状が改善したかどうかを見てみましょう。

症状がまだ見られるのであれば、ウイルスが完全に削除されていない可能性があるため、上記のCleanMyMac Xのようなソフトウェアを使用しましょう。

すべてのWebブラウザからSearch Marquisウイルスを削除する方法

ブラウザハイジャッカーのSearch Marquisウイルスは、ChromeやFirefoxなどのブラウザ拡張にも侵入する可能性があります。削除するには、各ブラウザの拡張機能の管理機能を使用します。

ChromeからブラウザハイジャッカーであるSearch Marquis(サーチマーキス)ウイルスを削除する方法

  1. 右上隅にある「3点マーカー「︙」>その他のツール>拡張機能」と選択します。
  2. インストールした覚えのない拡張機能を探す
  3. 見つかったら「削除」をクリック。
  4. 「3点マーカー「︙」>設定」を選択します。
  5. 「検索エンジン」を選択し、希望の検索エンジンを設定。
  6. 「起動時」を選択し、希望のホームページを設定します。

SafariからSearch Marquisウイルスを削除する方法

  1. Safariを起動
  2. 上部パネルのメニューから「設定」を選択します。
  3. 拡張機能タブを選択します。
  4. インストールした記憶のない拡張機能を削除します。
  5. 「全般」タブで希望のホームページを設定します。
  6. 「検索」タブで希望の検索エンジンを設定する 

FirefoxからSearch Marquisウイルスを削除する方法

  1. 「右上のハンバーガーアイコン「≡」>アドオン」を選択。
  2. インストールしたか覚えていないアドオンを削除する。
  3. 「ハンバーガーアイコン「≡」>設定」と選択します。
  4. 「ホーム」を選択してください。
  5. 希望のホームページを設定します。
  6. 「検索」を選択します。
  7. 希望の検索エンジンを設定します。

まとめ

Search Marquisウイルスは、非常に迷惑な動きしてユーザーを困らせるブラウザハイジャッカーの一種で、CleanMyMac Xを使用して削除するなどの対策が必要です。この記事をガイドとして使ってもらえると嬉しいです。

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード