Macをクリーンアップして最適化を行いましょう。自動・手作業の方法でパフォーマンスを向上させよう

1 分で読む

サワダ マサコ photo

サワダ マサコ

ライター/校正。Art de Vivre、読者に気づきと優しさを。

CleanMyMac X

はじめに

Macが現代で最も強力なコンピューターであることに疑う余地はありません。しかしながら、適切なメンテナンスを行わないと、不要データやバグによってMacが遅くなったり、応答しなくなるリスクがあります。 

CleanMyMac Xをダウンロードして、Macのクリーンアップを徹底的に行い、パフォーマンスを改善しましょう。これは、マシンの整理や最適化、そしてセキュリティ対策など、どのような問題が起きてもmacOSのスムーズな体験を実現できるようにしてくれるものです。 

Macを使っていると、時間が経つにつれてパフォーマンスの低下や動作の遅さを感じることがあります。しかし、心配する必要はありません。Macをクリーンアップして最適化することで、快適なパフォーマンスを取り戻すことができます。

この記事では、自動化ツールや手作業を使用してMacをクリーンアップし、最適化する方法について詳しく解説します。クリーンアップによって不要なファイルやキャッシュを削除し、ディスクスペースを解放することで、ストレージ容量を最適化し、Macの動作をスムーズにします。

さらに、定期的なメンテナンスの重要性や効果的な予防策についても取り上げます。定期的なメンテナンスによって、Macのパフォーマンスを維持し、問題の発生を予防することができます。

自動化ツールと手作業の両方の方法を組み合わせて、Macをクリーンアップして最適化しましょう。パフォーマンスを向上させ、快適なMac使用体験を手に入れるための具体的な手法について、紹介していきます。

1. 自動ツールの活用

Macには自動でデバイスをクリーニングしてくれるツールが多く存在します。クリーニングと言ってもさまざまなものが対象になり、カバーする内容もアプリによって異なります。

中には、セキュリティ面や動作の安定性的に少し怪しいものもあるので、しっかりと良いものを選んで使うことが大切です。今回はおすすめのソフトを紹介していきます。

またクリーニングを行う際には万が一に備えてバックアップをとっておくことをおすすめします。

おすすめは長年Mac用のアプリの開発で有名なMacPaw社が開発するCleanMyMac Xを使用することです。こちらのアプリを使用すればワンクリックで、様々なクリーニングや最適化を行え、快適な操作性に繋がります。以下の方法で行ってみましょう。今回紹介する「スマートスキャン」はこのアプリの代表的な機能です。クリーニングで無駄なファイルを削除し、Mac のセキュリティチェック、そして最適化までしてくれる優れものです。

  1. まずはこちらからCleanMyMac X をダウンロードします
  2. 左の項目に様々な項目があります。「スマートスキャン」機能を選択します。
  3. 表示される画面で「スキャン」をクリックします。
  4. その後の指示にしたがって処理を行っていきます。

たったこれだけです!スキャンを実行して少し待つだけで簡単にクリーニングをしてくれます。

実際に検出されたファイルを見てみると、ユーザーキャッシュファイルや言語ファイル、システムキャッシュなど幅広い範囲で検出できていることがわかります。

 

こちらのスマートスキャン機能以外にもCleanMyMac Xはより細かい範囲や指定でファイルをスキャンすることができます。

例えば、システムジャンク機能は、奥深くに眠ったファイルや、多数のファイルを一気に判別することができます。

  1. CleanMyMac Xをこちらからダウンロードします。
  2. 次に左側にある「システムジャンク」機能を選択して、「スキャン」を選択します。
  3. 検出された不要ファイル「消去」ボタンで簡単に削除することができます。

効率よくMacをクリーニングしたい方は、「大容量&古いファイル」機能がおすすめです。

  1. CleanMyMac Xをこちらからダウンロードします。
  2. 次に左側にある「大容量&古いファイル」機能を選択して、「スキャン」を選択します。
  3. 検出された不要ファイル「消去」ボタンで簡単に削除することができます。

2. 手作業でできるクリーンアップ

アプリをわざわざダウンロードしたくないという方は、手作業でも作業を行うことができます。手作業でできることを紹介していきます。

不要なファイルの削除

ダウンロードファイルや写真フォルダをみて、不要なファイルを削除していきましょう。またアプリやプラグインで使っていないものが見つかったら、アンインストールしていきましょう。特に容量の大きいファイルが見つかったらラッキーです。

最後にゴミ箱を削除することを忘れないようにしましょう。

キャッシュの削除

Webブラウザのキャッシュをクリアしていきましょう。各ブラウザにはキャッシュ消去オプションがあります。キャッシュをクリアすることで、いらないファイルの削除はもちろん、セキュリティの向上につながることもあります。

ログイン項目の管理

起動項目とは、Macが起動した時に自動的にバックグラウンドで立ち上がるプロセスのことです。必要ではないのに、バックグラウンドで起動していると、動きの低下につながることがあります。「システム設定」から「一般」に移動し、「ログイン項目」を確認します。不要なアプリケーションの起動項目を削除しましょう。

ソフトウェアのアップデートと最適化

macOSおよびアプリケーションの最新バージョンを確認し、アップデートは定期的にしましょう。最新版にはパフォーマンスの向上やバグ修正が含まれていることが多いです。アクティビティモニタなどを使い、メモリ使用量が高いアプリケーションやプロセスを特定し、必要に応じて終了または再起動するのも良い方法です。

3. まとめ

今回は、Macを自動または手作業でクリーンアップする方法を紹介しました。定期的なクリーニングはや最適化は、Macのパフォーマンス力を継続することに繋がります。最近の自動ツールは出来が良いものも多く、クリック一つで必要な処理を完璧にこなしてくれるのでおすすめです。もちろん余分なアプリをダウンロードせず手作業で全て管理するのも良いと思います。大切なのは、自動・手作業にかかわらず定期的に行うことです。

今回の記事を参考にして快適なMacライフを送りましょう!

CleanMyMac X

Macの問題を解決しましょう。

今すぐ購入無料版をダウンロード